2012年01月14日

象印の社長

象印の社長はかなりの資産家だったようですが、金持ちも大変ではありますね。

これまでは金持ちを妬んではいけない社会を目指していましたので、金持ちも以前よりは安心感があったのかもしれません。

しかし、今後金持ちしか預金がない程度になればより危険は増すかもしれません。

金が眠ったままでは倒産、失業、経済の衰退となりますか。

【関連する記事】
posted by ぱにしゅう at 20:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/246147265
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。