2011年06月26日

東野圭吾のある閉ざされた雪の山荘で

ここのところ東野圭吾さんの作品ドラマも多いですが、本も人気が高いですね。

いくつかの出版社から出ているようなので、全部をあわせるとかなりの量となるでしょうか。

さすがに全部読むのは無理、数冊読むのも大変という感じではありますが、書いた本人がある程度原稿を書いたと思うとかなりの労力ではあるでしょうね。

売れない時期もあったそうなので、その労力が無駄になるんじゃないかという迷いもあったかもしれません。

最近は「ある閉ざされた雪の山荘で 」を読んでいますが、やはり字がびっしりで多くなかなか前には進めません。





劇団員のオーディションのようなものが山荘でで開かれて違和感が漂うことから始まるそうですが、おもしろそうだったので読み始めました。

中には本多雄一という登場人物も出てきますが、プロ野球のソフトバンクホークスにも同じ名前の選手がいるので、なんだか凄いなとは思います。

posted by ぱにしゅう at 10:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/211902866
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。